電話代行におまかせあれ!|キチンとした電話対応で企業の印象UP

男の人

営業に集中できる

サラリーマン

営業の方が営業に専念できるので、とりあえず急ぎで訪問先が欲しい新規事業立ち上げの時などにも適しているのではないでしょうか。電話代行やテレアポを頼むと、業務に専念できるようになるのが魅力的なのです。

もっと読む

顧客を得るために有効

パソコン

顧客を逃さないようにするのも電話代行の仕事なのです。またテレアポを頼むことで得られるメリットと言えば、圧倒的な数ですね。直接訪問するのではなく、電話番号をプッシュしてかけていくので、多数にアプローチをかけることができます。

もっと読む

電話対応をしてくれる

オフィス

電話のことは担当の人がいた方がいいのは事実です。営業のことは営業に、人事のことは人事に頼むというように、同じ会社の中でも業務内容によって担当が決まっていると思います。それは、その担当の人にしかできない仕事だからです。ただそれは適性の問題であって、自然と役割が決まってくるものだと思います。ところが、電話応対というのは誰にでもできますよね。だからあえて電話担当というのは設定していない企業もわりと多いかもしれません。営業には営業担当、人事には人事担当者がいます。でも電話に関して担当がいないということは、企業にとってはどういった影響を与えるでしょうか?電話はいつでもかかってくる可能性があるのに、電話担当が常にいない状態なのです。そこで横浜などの電話代行の出番です。電話応対は電話代行に頼むことによって、電話担当ができるのです。横浜などの電話代行は電話受付の担当なので、温かみのある対応を行ってくれます。このポジションは、言うなれば受け付けがわり、あるいは秘書がわりといったところ。
電話の応対がいいと、かけてきた方にとっては好印象です。そこからつながる契約もあると思いますので、問い合わせの電話1本すらも丁寧に応対していく必要があります。またテレアポを頼むと、アポが取れてからの交渉が濃密になります。なぜなら電話をしている時点で、顧客から色々な情報を引き出せているからです。そのため、飛び込みでのガチンコ勝負をしている時よりも、事前に色々と準備をしてから訪問先に向かうことができるので、商談自体がより濃厚なやりとりになるのですね。商談内容が密なものになれば、そこからつながる成約数もかなりアップするはずです。営業の方が営業の仕事に専念するためにも、テレアポを任せておく場所があると効率がいいと思います。

業務効率を向上させる

オフィス

sannsanなどの電話代行サービスを導入したことで、営業に集中できるようになったとの声があります。仕事に集中したい時は、電話のことは電話担当の人に任せておけると嬉しいですよね。

もっと読む